カタルーニャ住民投票1年-「スペインのもとでの自治はもうたくさん」

 

10月1日、独立の是非を問う住民投票から1年。バルセロナやカタルーニャ各地で住民投票結果の実現を求めるデモが行われ、18万人が参加した。学生組織もストライキを呼びかけ、街頭に50,000人が繰り出し「街頭はわれわれのものだ」とアピールした。
前々日9月29日、スペイン警察組合が呼びかけた「独立反対」デモ(10,000人予定が3,000人)で独立支持者と小競り合いがあった。この時、カタルーニャ警察が独立支持者に放水をしたことから、内務相の辞任を求める声が高まっていた。
住民投票1周年イベントは、トーラ・カタルーニャ首相らに対して独立実現にむけて歩を進めることを求めた。「決めるのは市民、それに従うのは政府」「共和政を実行するか、さもなくば辞任を」「スペインのもとでの自治はもうたくさん」のスローガンが叫ばれた。

10月2日、トーラ首相はサンチェス・スペイン首相宛に最後通牒を送った。その内容は、11月までに対話に応じないのであれば、国会における予算審議においてカタルーニャ独立政党は賛成しない、というものである。スペイン国会では、サンチェス社労党は少数与党でありカタルーニャ独立政党の支持がなければ予算・法案が成立しない。
しかし、トーラ首相の最後通牒をうけとったスペイン政府は2時間後に「独立は認めない、認められるのは自治政府までだ」との返事を行った。

政治の秋、カタルーニャ独立運動は活性化している。

 

参考資料

https://mailchi.mp/assemblea/catalans-rally-a-year-after-the-referendum-for-self-determination-on-1-october-to-insist-on-making-it-effective?e=e7c73110d3

https://www.elnacional.cat/en/news/catalan-independence-referendum-anniversary_310032_102.html?utm_source=Newsletter+ENGLISH&utm_campaign=5955c78c81-EMAIL_CAMPAIGN_2018_05_23_COPY_01&utm_medium=email&utm_term=0_a9bc005625-5955c78c81-293793389

https://www.elnacional.cat/en/news/torra-sanchez-negotiate-self-determination_310326_102.html?utm_source=Newsletter+ENGLISH&utm_campaign=32293d6e72-EMAIL_CAMPAIGN_2018_05_23_COPY_01&utm_medium=email&utm_term=0_a9bc005625-32293d6e72-293793389